多重債務者の社会的制限について

多重債務者の社会的制限について

前出のブラックリストに関連して、多重債務者の社会的な制限について、お話したいと思います。

 

返済が滞り、最終的に完済が難しくなると、お金を借りる際に取り交わした契約が不履行となります。そのため、自己破産といった処理をすることになります。自己破産申請は、弁護士を通して、裁判所に申立て、その結果、それらの情報が「事故情報」として、貸金業界の「ブラックリスト」に残ることになります。ブラックリストに一度載ってしまうと、大体、5年から10年間、情報が残り、この間は、クレジットカードの利用や、他のローンが組めないことになります。
収入以上の借り入れをして、収入の許容範囲を超えてお金を使っていた人にとっては、収入の範囲内で日常生活を行う、というのは、かなり厳しいかもしれませんが、見方を変えると、この期間は”自転車操業”を回避して、自分の許容範囲の収入で生活を行うためのリハビリ期間と捉えることもできます。一度金銭感覚が狂ってしまうと、なかなか元に戻すのは大変なことです。万が一、多重債務者や自己破産となってしまった場合は、5年、10年は、長い時間にも思えますが、時間を掛けて、ゆっくりと、お金と向き合う期間とすることが大切です。