ブラックリストって聞いたことがありますか?

ブラックリストって聞いたことがありますか?

どこの業界でも「ブラックリスト」というものはあります。対企業に対してもそうですし、業界から見た顧客に対してもそうです。もちろん、金融業界にもあります。とはいえ、実は正式に、ブラックリストというタイトルの書類があるわけではありません。要するに、そのような情報を集めたもの、であるということです。
金融業界でいうブラックリストとは、まず、対企業(会社)があります。これは借りる側が悪質な会社かどうかを見分けるのに役立ちます。例えば、廃業した消費者金融の日本貸金業協会登録番号を悪用するような会社は、悪質業者としてインターネットなどで検索をすることができます。一方、多重債務者や過去に自己破産の経験がある人は、業界の中では、「事故情報」として登録をされています。この情報を業界内で共有しているため、金融機関や審査基準が厳しい消費者金融では、借りられなかったり、万が一借りられたとしても、借りるための制限が設けられることになります。
このように、一度ブラックリストに載ってしまうと、次にお金を借りることが難しくなり、結果、足元を見られ、悪質な貸金業者につかまりやすい傾向にもなりますので、まずは、ブラックリストに載らないよう、注意をしてお金を借りましょう。