街金と闇金はどう違うのか?

街金と闇金はどう違うのか?

「街金」という言葉を聞いて、漠然と「金貸し」だと思っている人は多いと思いますが、実際のところハッキリとは説明できない人も、また多いものです。
街金とは、消費者金融の中でも中、小規模な業態のところを指し、その名のとおり、繁華街や街中にあることからこのような俗称がついています。一般的に、金融機関や大手の消費者金融は、審査が厳しく、過去に返済遅延や返済不履行といった返済トラブルがあったり、よく言うブラックリストに載ってしまった人には、借りにくい傾向があります。
一方、街金であれば、条件が緩く、借りやすい傾向が有るため、自分は借りれるかな?と不安に思う人は、街金なら、ということもあります。ただ、気をつけたいのが、闇金に引っかからないようにすること。普通の街金だと思って借りてみたら、闇金だった、というケースも多く、一見すると区別が付きにくいものなんです。
街金は、日本貸金業協会にきちんと登録をした、正規の貸金業者であり、闇金は、貸金業者として登録されていない、言わば法的なくくりのない、無法地帯の貸金業者です。借りてしまったら最後、恐ろしい結果になりますので、新しい会社からお金を借りる際は、登録番号が、正しいものか、日本貸金業協会のホームページなどで検索をしたり、所在地や連絡先をきちんと確認して、悪質な会社から、絶対にお金を借りないようにしましょう。