上限金利にご注意を

上限金利にご注意を

貸金業法の改正によって、借りる側には有利な点ばかりをお話しましたが、もちろん注意点もあります。
認可制度によって借りる選択肢が増えたことは良いのですが、一方では、認可貸金業者には上限金利も引き上げられている、という点です。
これまで消費者金融の上限金利は、20%となっていました。例えば100万円借りて金利が20%の場合、単純に言うと、20万円が返済額となっていました(これでも十分な額と思います)が、認可貸金業者では、29%、つまり29万円までは設定ができる、ということです。要するに、借りやすい反面、借りる側の負担が増える、または増える可能性がある状況となっています。ですので、借りる側にとっては、門戸が開いて借りやすくなった、ということばかりに気を取られて容量以上の借入をしてしまうと、返済時に大変なことになってしまいますよ、ということ。物事には表と裏とありますから、きちんとメリットとデメリットを理解した上で、可能な範囲の借り入れときっちり完済を心にとどめておく必要があります。
実は、この金利(利息)を考えずに借り入れをして、返済トラブルになる人も多いのですが、プロにお金を借りたら+アルファで返済するのは当たり前の話。この+アルファで商売してますから。